解体のビルの槌音暮早し

近くにあった元工場兼ショールームのような建物でした。長い間に表の広いガラスが割れ、スプレーでの落書きが目立つようになっていました。その解体作業、三日ほどだったでしょうか、きれいな平面が出来上がったのは。解体の技術に感心したものです。あれから一年、その後はいまだに平面、、、。(2016年冬詠)

「解体のビルの槌音暮早し」への2件のフィードバック

  1. バイト先の向かいに在ったedion本店のビルがいつの間にか解体されて更地になっています。
    こちらは新たな本店ビルとして生まれ変わるそうですが、しばらくは少しだけ青空が増えた光景が見られそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です