あめんぼを浮かべて速し濁り川

昨年のRSKバラ園吟行での句。正面の広い駐車場に沿って木立があり川が流れています。県南もそろそろ田植シーズンだったからでしょうか、水量も多く濁っていました。たくさんのあめんぼが浮いて、流れが速いものだからどのあめんぼも必死の動き(と思ったのは私だけかも知れませんね)、、、。(2017年夏詠)

「あめんぼを浮かべて速し濁り川」への2件のフィードバック

  1. 朝のジョギングコースはほぼ平和公園往復と決まっています。
    先日の事、平和公園の平和の池の横を通るとコインが幾つも沈んでいます、そして水面にはアメンボウが数匹、こちらは流れが無いからのんびりと浮いていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です