秋燕の残る一羽に空広く

掲句は昨年の秋燕、今年は七月の豪雨後に急に燕の姿を見なくなった。さっさと帰ってしまったのか、豪雨の無いところへ引っ越して行ったのか、見かけるのはごく少数。例年ならまだ多くの燕が見られる頃です、、、。(2017年秋詠)

「秋燕の残る一羽に空広く」への2件のフィードバック

  1. 秋燕、一羽だけ残ってどうしたのでしょう?
    そのまま南に帰らずに北の地で越冬したのでしょうか?
    長い旅路を一人で帰って行ったのかな?
    広い空を独り占めしても楽しくは無かったでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です