霜晴の一番高き墓に鳶

田舎だからちょっと歩くと墓地に出会います。我が家からも墓地が見えます。そんな墓地の一つです。大きな墓地ではありませんが、それでも十軒分ぐらいよりは多いでしょうか。中央部分が丘のように少し高くなっています。霜晴のまだ朝日の出る前の張りつめた空気の中、その高い位置の一番高い墓の上に鳶が一羽、それだけの事です、、、。(2017年冬詠)

「霜晴の一番高き墓に鳶」への2件のフィードバック

  1. 墓地というと、松山時代に住んだマンションは正にすぐ隣が墓地でした。
    揚句の様に大きなものでは無かったです。
    春になるとつくしが顔を覗かせていました。
    鳶はいなかったようですが、夕方になるとコウモリの姿を見かけたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です