川底に赤錆の鎌冴返る

散歩途中に覗き込んだ用水路の底に一本の赤さびた鎌、ずいぶん長くそこに沈んでいたのだろうと思える色、どうして今まで気づかなかったのだろうか不思議なものです。気づけば毎日覗いて見たくなるのですが、やがて水量も増え、水草が生え、いつの間にか忘れてしまいます。これもいつもの事です、、、。(2018年春詠)

「川底に赤錆の鎌冴返る」への2件のフィードバック

  1. 昨日、走っていて橋の上から見えた太田川の水がいつになく澄んでいて、川底まではっきり見えました。
    どういった関係なのか分かりません。
    赤錆の鎌が見えたのも何かそういった偶然が有ったのでしょうか?
    毎日見ていても気付かなかっただけなのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です