燕来る街の小さな自転車屋

また少し早くなったような気がする初燕は3月13日、やけに寒い朝の雲の間に広がり始めた青空を見上げると、高い位置に二羽の黒い影、動きは明らかに燕でした。慌てて手帳を取り出し初燕と書き、もう一度空を見上げるともう姿はありませんでした。まだどこかへの旅の途上だったのかも知れませんね、、、。(2018年春詠)

「燕来る街の小さな自転車屋」への4件のフィードバック

  1. 昨日の地元TVの天気予報コーナーでは縮景園の桜のつぼみの様子を取り上げていました。
    ここ数日で一気に膨らんで来たそうです。
    1週間後辺りには開花しそうだとか、暖冬だった今年は春の訪れも早そうですね。
    ツバメはまだ見かけていませんが、うぐいすの鳴き声も上手になっています。

  2. 今年は燕の情報が早いですね。野鳥の会の情報にもあります。毎年、初燕を見る用水の傍へ行ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です