鎌研いで備ふ町内溝浚へ

町内の年中行事の溝浚え、何を持って行こうか、鍬にするか鎌にするか、と悩んだ末に前日に鎌を研ぎました。鎌のほうが作業が楽だろうと、、、。(2019年夏詠)

「鎌研いで備ふ町内溝浚へ」への2件のフィードバック

  1. 田舎あるあるの溝浚えですね。
    鋤簾かと思いきや鎌ですか、まずは草刈りからという事でしょうか?

    夢の中でマラソンを走っていました。
    途中で公園の様なところを走ったのですが出口を間違えて少々余分に走ってしまいました。
    宮島桟橋近くまで戻って来たところで目が覚めたからフィニッシュする事が出来ませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です