冬麗や街角ごとに地蔵尊

早いものです。徳島県阿南市での暮らしが、もう一年前のことなのです。掲句は俳句手帖を見ると赴任の翌日に詠んでいます。予想される運動不足の解消と、本来の好奇心を満たすためには、朝の散歩は欠かせません。昨夜買っておいたサンドウィッチとコーヒー(うれしいことに、最初に泊ったホテルにはドリップ式のコーヒーパックが付いていました)で朝食を済ませ、フロントで貰った近辺の地図を頼りに早速出かけました。まずはホテル周辺からと出かけた街角の景、朝にもかかわらず暖か、、、。<阿南1>(2011年冬詠)

「冬麗や街角ごとに地蔵尊」への2件のフィードバック

    1. ということもあるかも知れませんね。
      どこに行ってもミニ霊場のようなものがありました。
      もっとも岡山県内でも、以前liuxin1952さんのブログの写真にもありましたが、小さな札所のお堂はよく見かけますね。
      私の田舎にもあって、子どもの頃は良い遊び場になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です