ぽつてりと讃岐平野の山眠る

山の形は場所によってずいぶん違います。同じ岡山県内でも、私が育った備中地方の山と、現在住んでいる作州の山とは違っています。掲句は四国赴任中の休み明け、瀬戸大橋を渡り徳島へ向けて讃岐平野を走っていた車中から見た山の印象です。ぽってりと丸っこい、テレビで見る讃岐の名物の何かのCMのアニメの山そのものでした、、、。子どもの頃には見慣れた形で山の絵をずいぶん描きましたが、讃岐で育った子はきっとこのように丸っこい形の山を描くのだろう、と、走りながらふとそんなことを思いました、、、。(2011年冬詠)

「ぽつてりと讃岐平野の山眠る」への2件のフィードバック

  1. 飯野山、別名讃岐富士だったのでしょうか?
    昨年高知からの帰りに久し振りに金比羅山へお参りした時に見ました。
    狭い盆地に住んだ自分達の見慣れた景色とは明らかに違いますね。

    1. 二三日前から遠くの中国山地の山々が雪を被っています。
      これもまた子どもの頃にはなかった風景です。
      アルプスの山々が間近にある暮らしってどんなだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です