大川の瀬のきらめきも夏の色

夏になったからと言って急に色が変わるものでもないが、そういうふうに見えるのは何とか人より先に夏を感じようとする俳人魂のなせるワザ、、、。(2013年夏詠)

「大川の瀬のきらめきも夏の色」への2件のフィードバック

  1. 俳人魂のなせるワザ、その通りだと思います。
    いろいろな物事を見聞きするのは誰でも一緒ながら、俳人魂でその中からきらめく物を瞬間を切り取り句にしていくその脳の働きが活性を産み、ボケを防止し長生きを引き寄せてくれる様に感じます。
    いい趣味ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です