畦道の四方に分かれ草紅葉

やっとと言うか、急にと言うか、秋が深まって来ましたね。稲刈後の畦道にはもう草が伸びて色づいています。昔より稲刈は早いし、気温は高いしで、田圃の中も切株から青々と芽が出てもう一度収穫できるのではないかと思うぐらいです。秋たけなわですが、台風も、、、。(2018年秋詠)

落武者の列となりたる曼殊沙華

衰えて雨に濡れた彼岸花、まるで落武者のようだと思った昨年の句です、、、。先日所用で実家まで帰って気づいた事ですが、313号線を走る道すがら、ずいぶんと彼岸花が増えました。一時コスモスが増えて、行けども行けどもコスモスの花でしたが、今は行けども行けども彼岸花なのです、、、。(2018年秋詠)

稲滓火の煙の中の日暮かな

せっかく乾いたところに雨が降っては敵わないと雨の前の夕方にはあちこちで稲滓火の煙が上がる。村中が煙に覆われるが、田舎だから文句を言う人はいない。こんな日はサッサと洗濯物を取り込んで煙に備える、、、。(2018年秋詠)

知恵の輪の解く知恵の出ぬ夜長かな

ほんの出来心で手に入れてしまった知恵の輪のセット、そのうちの一つが解けただけで、あとは知らぬ間にどこか目につかない所へ、箱に入ったままで、片づけられてしまったようだ。、、、。(2018年秋詠)