小夜時雨壁打つ屋根打つ心打つ

寒さと共に、県北の盆地は時雨の季節になりました。気がつくと雨の音がしている。おっと、洗濯物が出しっぱなし、と外に出てみるともう小降りになって日差が見えている。そんな感じで、風情があるとばかりも言っておられないのが時雨ですが、盆地には時雨がよく似合います。掲句は夜の時雨、音が寂しい、、、。(2014年冬詠)

「小夜時雨壁打つ屋根打つ心打つ」への2件のフィードバック

  1. 小夜しぐれ、なんとも風情溢れる言葉ですね。

    うしろすがたのしぐれてゆくか を思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です