蛇穴を出づ昨日とは違ふやつ

今年は寒暖の差が大きい春だったせいか、ずいぶん早くから蛇の姿を見ました。暖かいからと出てきたら次の日は寒くて、逃げようにも動けないでいる、だからよけいに目に付いたのかも知れません。丸まっていたり、伸びられるだけ伸びていたり、中には折りたたむような形をして日を浴びているのですが、動きが遅いものだからじっくりと観察出来るし、怖くもない。あ、怖くないと思うのは実は早春のこの一時期だけで、蛇は苦手です。今年は数も多そう、今ではほぼ毎日出会います、、、。(2014年春詠)

「蛇穴を出づ昨日とは違ふやつ」への2件のフィードバック

  1. 蛇は何故嫌われるのでしょう?
    蜂に刺されたとか、むかでにやられた経験は有っても蛇の被害に遭った話はあまり聞きません。
    手も足も無いのにくねくね動く姿を本能的に避けるのでしょうか?
    私もどうも好きになれません。

    1. 昔の恐竜が今のトカゲになったのと同じで、昔の蛇は大きかった。
      だから潜在的な恐怖心が残っている、なんてこじつけはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です