冬耕のゆつくりと打つ鍬の音

近所の老夫婦、天気が良ければ一日中畑に出ておられる。元は精米所やら製麺所やらをされていた方で、畑と言っても多くがある訳ではなく、一年中同じ畑を脳梗塞のリハビリを兼ねてこつこつと耕されている。何を植えられているのか、間近で見ないから分からないが、夏の間は草の勢いのほうが強く、端まで耕した頃には反対側は緑に戻っているような状態で、また始めから耕されるように見えた。さすがにこの時期になるとそういう事もなく、日差の中でゆっくりと鍬を使う音が聞こえてくるのだった、、、。(2014年冬詠)

「冬耕のゆつくりと打つ鍬の音」への2件のフィードバック

  1. 毎日出かける事の無い我が家の猫額菜園ではあっという間に草が生えて来ますが、別の区画では草一本生えていないそれはきれいな区画も見られます。
    自分がたまに行った時には人の姿を見ないのに不思議なようですが、時間帯の違う時にせっせと草取りをされているのでしょう。
    そんな区画の野菜はさすがに出来がいい様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です