避暑避寒縁なき暮し春炬燵

結局のところ、炬燵ほど便利で経済的な暖房器具は無いのではないだろうか、と都合の良い事を考えながら冬の間を炬燵の中で過ごした。もとより避暑避寒に縁がないのは経済的要因によるところが大きいのだが。もうしばらくはお世話にならなければならない、、、。(2016年春詠)

「避暑避寒縁なき暮し春炬燵」への2件のフィードバック

  1. 大寒も過ぎ立春を過ぎても週末はまたまた冬の大将軍がやって来るそうです。
    雪も降るかもとか。
    一気に春とは行きませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です