よしきりや野にある墓のみな光り

川べりの墓地に立つ木の中からギョギョッシ、ギョギョッシと頻りに鳴くヨシキリの声。土手の上から眺めると、ちょうど日差が墓石に反射して眩しい。昨年の春の俳句帖に書いている句。今年は早くから暑くなったのに、まだヨシキリの声を聞いていない、、、。(2017年春詠)

「よしきりや野にある墓のみな光り」への2件のフィードバック

  1. 光る墓石という事は比較的新しいものなのでしょうか?
    古い墓石は苔むしていませんか。
    自分の墓はどうしよう、墓所も無いし家を継ぐ者もいない。
    そんな事を思う今日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です