女郎蜘蛛しつかと空をつかみけり

竹竿の先に細い竹で団扇ぐらいの輪を作り、それに蜘蛛の巣をぐるぐると巻きつける。これで高いところの蝉を採るのですが、蜘蛛の巣の中でも女郎蜘蛛の巣が、強さでも粘着力でも一番良かった。そんな訳で、女郎蜘蛛には親しみを感じるのです。大きな体の鮮やかな黒と黄の縞模様で、頭を下に空中をしっかりと掴んだ姿は、風格すら漂わせているように感じられます。(2010年夏詠)

「女郎蜘蛛しつかと空をつかみけり」への2件のフィードバック

  1. 山道を歩いていてうっかりクモの巣にかかるとうんざりですが東京単身赴任中に銀座のギャラリーで開催されていたクモの巣の展示は見事でした。
    クモの巣に白い塗料を吹き付けてそれを黒い紙に移し取っていました。
    黒い紙に残る真っ白いクモの巣、いろいろな形や大きさが有ったけどクモの苦労の結晶、良くぞ作ったりという感じです。
    クモの巣を転写する事を考え付いた人も立派です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です