秋にほふ天上低き麹室

倉敷市児島の野崎邸吟行、見事に手入れされた屋敷と庭園、さすがは塩田王とただただ感心するばかり。屋敷裏手の崖の自然を利用した麹室、もちろん今は使用されておらず、一つの展示として当時を偲ぶだけですが、何だかいまだに昔の麹の匂が残っているような気がして、、、。(2017年秋詠)

「秋にほふ天上低き麹室」への2件のフィードバック

  1. 麹室というと今年の大水で安芸津に在る柄酒造さんの酒蔵が被害に遭い麹室も泥だらけになったそうです。
    今年、酒造りを題材にして作られた映画「恋のしずく」では柄酒造さんで撮影が行われたとの事で映画監督さんも酒蔵の片づけを手伝われたとか、早く麹室も再建されて関西一という美味しいお酒が造れるようになるといいなと思います。

    1. そうですね、麹室は酒蔵にとっては大事なものですね。
      塩田王の屋敷の麹室は何の麹を作っていたのだろうといまだに考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です