こでまりのまだ緑して風受くる

小でまりの咲き始めの花は緑に見える。咲くにしたがって色が薄くなり真っ白の花となる。細い枝に纏まった小さな花を沢山つける。花の重さで枝垂れた枝が風にゆれる。掲句はその前、まだ咲き始めの花は小さく、ゆれは小さい。児島風の道にて、、、。(2018年春詠)

「こでまりのまだ緑して風受くる」への2件のフィードバック

  1. こでまり、どこかで見た事が有るのかな?
    分かりません。
    真白い花も咲き始めは緑とは面白いですね。
    白い紫陽花の花も咲き始めは緑色、どちらも同じ様な色素を持っているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です