晩春のいきなり通る鳶の影

考え事をしながら歩いていると、後からいきなり黒い影が追い越して行った。見上げると低い位置に鳶が、知らん顔をして滑空している。あー驚いた!まあいいか、これで一句が詠めたのだから、、、。(2018年春詠)

「晩春のいきなり通る鳶の影」への2件のフィードバック

  1. いきなりの影には驚かされるでしょうね。
    でもそれで一句を喜ぶところは俳人根性ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です