時々は水面に触れて夏燕

増水した川の上をたくさんの燕が舞っている。もちろん餌を採るためと思われるが、増水した川の水面近くにどんな虫がいるのだろうか?興味津々、、、。(2019年夏詠)

「時々は水面に触れて夏燕」への2件のフィードバック

  1. 先日までの濁流がかなり穏やかになっていた昨日の朝、太田川の水門下流には黒い鵜の集団が居ました。
    上流で潜っては流れて下流へ、水中で鮎を捕らえているのでしょうか?
    昔は見かけなかった鵜ですが、最近では川の主かの様に多く見かけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です