実山椒日差かたむく杣の家

家の裏の土手にある山椒の木が大きくなって真っ赤な辛そうな実がたくさん生っている。試しに口に入れて噛んで見たら舌の先から唇までしびれるぐらい辛かった。不思議なもので、その辛い実を鳩が食べに来る。棘のある枝の中に入り込んでこっそりと啄んでいる。そんなに食べたら身体中がしびれてしまうぞと思うのだが、どうやら平気なようで、見つかると普通に飛んで逃げて行く、、、。(2019年秋詠)

「実山椒日差かたむく杣の家」への4件のフィードバック

  1. 山椒の実が沢山とはうれしいですね。
    もっと若いうちに採って、ちりめんじゃこと一緒に煮て、ちりめん山椒にすればいいご飯の友、熟れた実を潰して粉山椒。
    昔、山椒の木を貰って植えたけれど、根付きませんでした。

  2. 山椒の実は見ているのかも知れませんが、どういうものか知りません。すばらしい田舎の景色を詠まれていますね。

    1. ありがとうございます。
      直径5mmぐらいの小さな赤い実が沢山生ります。
      普段はちょっとくすんだ赤色ですが、日差が当たると鮮やかな赤に見えます。
      夕日が当たると特別きれいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です