コーチみな美人に見ゆる水着かな

ゴールデンウィーク後半のプールはまるで夏休みかと思うほど子供が多かった。暑いし出かけるのにも疲れたし、でお父さんお母さんにとっては程よいところだったのだろう。ゴールデンウィークが終わった平日のプールは途端に閑古鳥が鳴いている。もっとも泳ぐにはそのほうが都合がよく、常連はそれぞれ重ならないような時間を選んで、いつもの通りに泳ぎ、そしていつもの通りに帰って行く。私が泳ぎ終わるのはいつも3時過ぎで、それからしばらくジャグジーに浸かる。その頃になるとコーチが3時半からのスクールの準備に出てくる、、、。(2014年夏詠)

「コーチみな美人に見ゆる水着かな」への2件のフィードバック

  1. 私にも「水着」の名句(迷句?)がありますが、この水着句も、健康なお色気のあるなかなかの秀句ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です