水底に鯉連なりて夏の川

今年も農作業のために川の水量が増え、老釣師から聞いた通りに、鯉の産卵時期が来ました。鯉もまた人間の営みに合わせて産卵をするなんて、考えてみれば不思議な事ですね。それもわずかな期間に限られるのですから。数日前からその準備行動に群れている音が、半分草に隠れた岸辺近くで聞えています、、、。掲句の鯉はまったく関係の無い、ゆったりと泳ぐ、太った、半分飼われているような川の鯉です、、、。(2014年夏詠)

「水底に鯉連なりて夏の川」への2件のフィードバック

  1. 鯉の恋の季節が今頃とは知りませんでした。
    太田川でも何匹もの鯉を見かけます。
    黒い鯉は分かりにくいけれど白い鯉は見つけやすく、空の鳥達からも良く見えるだろうから狙われたりしないのか?と心配します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です