秋の蚊の必死こちらも必死なる

暦を見たら今日のところに「十方ぐれ入り」と書いてある。何のことやら分からないので調べてみた。十方暮 : 民間暦で甲申(きのえさる)の日から癸巳(みずのとみ)の日までの一〇日間をいう。この間は天地陰陽の気が和合しないで、十方の気がふさがり、万事に凶であるという。 [国語大辞典(新装版)小学館 1988] という事らしい。ご用心、、、。(2014年秋詠)

「秋の蚊の必死こちらも必死なる」への4件のフィードバック

  1. 昨日の夕方、自転車に乗って郵便局に手紙を出しに行って来ました。
    帰って来ると何だか右手が痒いです、とりあえずムヒを塗りましたがなかなか痒みが取れません。
    よく見るともう一カ所膨れていました。
    蚊の飛ぶ音ひとつ聞かなかったし姿も見た記憶が無いのに2カ所も刺されるとは、いつどこでやられたのでしょう?

  2. 秋の蚊はほとんどヤブ蚊ですね。昨日も句会でやられました。こういう句を作りましたが誰にも取られませんでした。「下手な句の句帳秋の蚊群れにけり」

    1. 今朝の県北は早くも霧の朝となりました。
      ヤブ蚊の句が出来るのももうもう少しです。
      出かけるまでは電子蚊取、電子蚊取と思うのですが、気づくといつも忘れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です