するすると縮むクレーンや春の暮

空に伸びたクレーンが動くのを見るのは好きですが、伸び縮みするところが見えることは滅多にありません。たまたま終業の時刻と散歩の時刻が重なった偶然、と言うほどの事でもないですね、、、。(2018年春詠)

コーラスをヨガを旧家の春の昼

しばらく行っていませんが、早島のいかしの舎、旧家の広い座敷がいろんな事に使われています。句会はもちろん、コーラス、ヨガ、コスプレの撮影会を見かけた事もあります。掲句は昨年の春、、、。(2018年春詠)

燕来る街の小さな自転車屋

また少し早くなったような気がする初燕は3月13日、やけに寒い朝の雲の間に広がり始めた青空を見上げると、高い位置に二羽の黒い影、動きは明らかに燕でした。慌てて手帳を取り出し初燕と書き、もう一度空を見上げるともう姿はありませんでした。まだどこかへの旅の途上だったのかも知れませんね、、、。(2018年春詠)

風車風を光として返す

四季折々の飾り付けで通るのが楽しみな散歩途中にあるお宅、門扉に吊るした鉢に花と一緒に風車が差してある。折からの風にキラキラと光りを返しながら回っている。何んとも楽しい。確か子供は男の子が二人、もう高校生のはず、庭の飾り付けはお母さんの好みなのでしょう、、、。(2018年春詠)

川広く使う一群春の鴨

今年は例年になく水鳥の姿が少なかった。春になってさらに少なくなってきた。まだ残っている鳥たちが広くなったスペースを使って存分に遊んでいる。もう残ると決めた二羽だろうか、少し離れた所で静かに過ごしている、、、。(2018年春詠)