枇杷の花朝日当たれば明るくて

枇杷はこの寒い時期に白い小さな花を房状に沢山つける。決して派手ではなく、ひっそりと長期間咲き続けている。そんな花だが朝日が当たるときだけは、角度にもよるのだろう花の白さが際立って輝いて見える。きっと長期間咲くからこの時季に咲いても受粉出来るのだろう、、、。去年から咲き始めた我が家の枇杷、たくさん実がなったのでそのままにして楽しみにしていたら、見事に虫にやられてしまった。それに一つの房に沢山生り過ぎて粒が小さかった。来年は間引きや袋かけに挑戦してみようと思っている、、、。(2014年冬詠)

「枇杷の花朝日当たれば明るくて」への2件のフィードバック

  1. 枇杷の木が有るんですね、自分も大阪に住んだ時に前の住人が植えていた枇杷の木が有りました。
    結構大きな木で楽しみにしていたのですが、消毒も袋掛けもしなかったのである日気が付くと毛虫の大群が居て、その糞が落ちる音がパラパラとまるで雨が降っているかのようでした。
    そんな事にならない様に充分手を入れてやってください。
    美味しい枇杷が食べられるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。