集まりて秋の白鷺なほ孤独

夏の間は青田の中に首だけ出していた白鷺が、秋になると川沿いの木の上であったり、川べりの浅瀬であったりに群れている。群れているだけで、それぞれ違う方向を見てじっとしている。白鷺はいつ会話をするのだろう。番になるにも会話が必要だろうと、いらぬお節介を考えたりするのです。(2012年秋詠)

「集まりて秋の白鷺なほ孤独」への1件のフィードバック

  1. 自分が見るとどの鷺も同じように見えるけど、つがいの相手を選ぶ鷺たちにはそれぞれの違いが明確に分かって好みの相手を見つけているんだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です