窓枠をビシと鳴らして春一番

あれっ、今年の春一番はいつだったろうと思っています。掲句はまだ働いていた頃の春一番。古い建物なので、強い風が吹くとあちこちで音がします。いきなり建物にぶつかって来た風に、事務所の窓が壊れそうな音を立てたときの句です。(2011年春詠)

「窓枠をビシと鳴らして春一番」への2件のフィードバック

  1. 会社はコスト削減に熱心に取り組んでいたのでしょうか?
    再建屋として有名だった坪内グループの東邦相互銀行の本店は古い木造の建物で廊下を歩いていてもぎしぎしと音がしていました。
    不要な事には金を使わない坪内イズムを感じたものです。

    1. コスト削減は本気でやりましたよ。ごみを出さない、物を大事にする、自然とやさしく付き合えば、結局はコストダウンに繋がって、ISOなんかも問題なく進むのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です