雪晴や天の明るさ地が返し

雪晴の日は空と地上の両方から光が来て、まぶしさが二倍になります。今は昔、子供が小さかった頃には、年に何度かスキーに連れて行きました。と言っても自分のほうは滑らない(滑れない)ので、雪原に腰を据えて雪晴を楽しみながら缶ビールを飲んで時間をつぶしていました。子供が滑るのに飽きた頃にはちょうど酔いも醒めて、さあ帰ろうと腰を上げるのですが、今では考えられないことですね、、、。(2013年冬詠)

「雪晴や天の明るさ地が返し」への2件のフィードバック

  1. 雪は降るけれどスキー場には遠かった子供の頃、親は車も無かったので残念ながらスキー場に連れて行ってもらう事は有りませんでした。
    大人になってからもスキーには縁遠く、グラススキーを一度経験しただけ。
    一生経験する事は無さそうです。
    急にトニー・ザイラーを思い出しました。
    知ってますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です