立春のピリリと朝の空気かな

掲句は昨年の立春、今年はこうじゃあ無いですね。いよいよ春。俳句と出会って良かったと思う事の一つは季節の先取りです。暖かくなるのはまだ先ですが、春と思えば同じ寒さも冬とは違うものです、、、。(2020年春詠)

初天神願い届けと太鼓鳴る

ちょうど拝殿前に来たときにドドン・ドンドコとお祓い前の大太鼓が鳴り始め、祝詞の声が聞こえて来た。そう言えば今日は初天神、境内奥の菅原神社の末社前には合格祈願のだるまの売場が設えられている。すでに売れたという事かだるまの数は少ない。受験生ガンバレよ!と、見かけた受験生らしき若者と母親の二人連れに心の中で声をかけた。昨年の初天神、、、。(2020年新年)

骨正月猫がねずみを咥へくる

二十日正月、正月の納め日と書いてある。骨正月とも言うのは正月用の魚の残りの骨で料理を作ったことからとも。昨年はこの日が我が家の猫の狩初め、大きなネズミを咥えて帰って来た。新聞紙を広げて食べる所を作ってやったり、褒めてやったりと大変だった。ちなみに今年は小正月が狩初め、雀を咥えて帰って来た、、、。(2020年新年詠)

初詣次第するする終りけり

初春のお慶びを申し上げます 毎年同じ神社に同じように初詣に行きます。我が家で決めた次第を同じように進めます。その事で一年が決まる訳ではありませんが、スムーズに終われば穏やかな一年を暮らせそうな気がします。さて今年は、コロナ禍での初詣、神社の対策次第では我が家の初詣の次第も、、、。(2020年新年詠)