春朝の風を覚えてゐる身体

既視感(きしかん)と言われるものがあります。初めての場所なのに、前にも来た事があるように感じたり、初めての事を前にも経験したような気がするような事です。ちょっと違うかも知れませんが、私の場合風が吹いてくると、「んっ、この風は(?)」と思う事がよくあります。どこだったかなあと考えていると、一応それらしい所を思い出すので既視感ではなく本当の既視なのかも知れませんが、同じ風は二度と吹かないとも思います、、、。(2015年春詠)

「春朝の風を覚えてゐる身体」への2件のフィードバック

  1. 同じような風を感じるとはさすが俳句を作る感性はたいしたものですね。
    そんな感覚をベースに作られたのか?1/fのゆらぎの風をうたい文句にした扇風機が有りましたが、最近はあまり見かけません。
    今でも売っているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です