春の色ふくめば春の味となる

倉敷あきさ亭での句。いつも季節の素材を活かした手料理で持て成される。目で味わい、舌で味わい、そして句にして味わう。なら良いのだが、たいていは舌の段階で止まってしまう、、、。(2016年春詠)

「春の色ふくめば春の味となる」への2件のフィードバック

  1. 何度も利用されているのであろうあきさ亭の春の色のお料理はどんな内容だったのでしょう?
    ふきのとうでも使われていたのでしょうか?
    それとも何か海の幸だったのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です