幼子の泣いて母追ふ土手の春

どちらかと言うと年寄は多いけど子供はいないところです。たぶん近くのお家へ帰省してきたお母さんとその子供でしょう。前を行くお母さんも余裕綽々、泣いている子もなんとなく甘え声、春の午後ならではでしょうか、、、。(2016年春詠)

「幼子の泣いて母追ふ土手の春」への2件のフィードバック

  1. 昨日は逆の光景を見かけました。
    小さな女の子が一人で歩いて行き、お父さんが後ろから追うように付いて行かれていました。
    女の子は時々後ろを見ていたけれど、泣く事は無かったです。
    一人でどんどん先に進まれると少し怖いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です