つぎはぎの古き土塀や秋の風

早島公園、不老の道で見かける土塀です。早いもので早島へ行くようになって五年ほどになります。行く度に見ている土塀、最初に見た五年前には崩れかけて、塗りこめられた貝の殻や小石が覗いている土塀でした。それが直されて、使われた土の色が違うものだから、今ではつぎはぎだらけの土塀になっています。それはそれで結構味がありますが、、、。(2016年秋詠)

「つぎはぎの古き土塀や秋の風」への2件のフィードバック

  1. つぎはぎのだからもんぺか何かと思ったら土塀でしたか。
    崩れかけた土塀の修理、最近では出来る職人さんも減っている事でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です