格子より指出て春の埃ふく

倉敷市本町にて。鑑賞中の格子の間からいきなり指が出て来たので、正直おどろきましたが、格子の掃除って大変そうですね。景観を守るのも人の力があってこそです。倉敷格子、正式には親付切子格子と言うそうです、、、。(2017年春詠)

「格子より指出て春の埃ふく」への4件のフィードバック

  1. 見るにはいいけれど、なるほど掃除となると大変でしょうね。
    それにしても急に指が出て来てびっくりでしたね。
    その瞬間にこの句が浮かんだのですか?

  2. たぶん同じお宅の拭き掃除を私も見たのだろうと思います。指の主は見えなくて指だけが見えているのです。そして静寂そのものでした。建具の世界ではいろんな名があるのでしょうね。切子はガラスだけではないんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です