実南天廃屋裏の勝手口

廃屋となっている大きなお屋敷、路地を入ると道路沿いに塀が続き、奥まった所にこじんまりと門がある。と思いきや、「○○勝手口」と書かれた木札がかかっている。とすれば大きな勝手口。勝手口と建物との間には育ちすぎた南天がたわわに実をつけている。もうここから入るのは困難だろう。木枠の窓ガラスが見える。映る景色の屈折した光は明らかに古硝子だ。いったいどんな方のお屋敷だったのだろうといつも思う、、、。(2017年冬詠)

「実南天廃屋裏の勝手口」への2件のフィードバック

  1. へー!立派なお屋敷だったんですね。
    古ガラス、松山の萬翠荘を思い出します。
    あちらは松山藩主の別邸だけれど、揚句のお屋敷にはどんな人が住んで居られたのでしょう。
    折角の立派なお屋敷も人が居ないではどうにもなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です