林立の発電風車山笑ふ

もう二年近く、毎朝眼の運動をしています。そのせいか最近遠くの山が良く見えるのです。山上の鉄塔らしき物、建物らしき物を見つけて、何だろうと想像して楽しんでいます。掲句の山はもう少し近く、発電風車は良いのですが、いつのまにか周囲がはげ山に、、、。(2018年春詠)

「林立の発電風車山笑ふ」への3件のフィードバック

  1. ほう!目の運動ですか、どうやりますか?
    遠くの山が良く見えるとはうれしいですね。
    見習いたいから教えて下さい。

    1. 八方向(上→右上→右→右下・・・)と、それぞれの方向でしっかりと焦点を当てながら、なおかつできるだけ速く周囲を見ていきます。これを数回転、反対方向に数回転します。続いて親指を立て腕を前に出し、親指の先と、その先の遠くの景色に交互にできるだけ速くしっかりと焦点を当てます。三十回ぐらい。反対の腕で同じく三十回ぐらい行います。これだけです。
      遠くもよく見えるようになりますし、動体視力も改善して運転中の反応も良くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です