木枯の体操の楽載せて来る

散歩コースから北西の方角、午前八時三十分、思い当たるところが無いのですが、風に流されて遠くから小さな音で聞えてきます。スピーカーでラジオ体操の音楽を流すぐらいだからきっと大きな工場なのだろう、どんな仕事をしているのかな、と想像するのも楽しい、、、。(2018年冬詠)

「木枯の体操の楽載せて来る」への2件のフィードバック

  1. ♪北風小僧の寒太郎 を思い出しました。
    ヒューンヒューン
    と木枯らしが吹いていますか。
    今年はまだですか?

    1. 暖冬と言っても冬は冬、もうとっくに吹いていますよ。
      木枯が吹くと木々は一斉に葉を落としますし、野の草は一斉に枯れていきます。
      その中になぜか残るものがあるのが暖冬なのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です