着ぶくれて古本市の人となる

毎年冬に図書館の主催で古本市があります。古くなった図書館の本や一般市民から寄贈されたを無料でもらえます。昔はずいぶん大規模で、市内の空き店舗を何軒も使って開催されていました。「えっ、こんな本も!」というような良い本もたくさんありました。最近は寄贈される本も少ないのでしょう、一ヶ所だけになり、寂しくなりました。それでも毎年楽しみにしています。今年も復刻版の本がまとめてあったので、三十冊ほど貰って来ました。「碧梧桐句集 大須賀乙字選」なんていう復刻版もあります、、、。(2008年冬詠)

「着ぶくれて古本市の人となる」への2件のフィードバック

  1. 作者のしぐさの見えるような句ですね。それにしてもさすが文学の町津山、マニアックな本が出されますねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です