つばくらや軒端まで積む肥袋

田圃の中の道を徒歩通勤していましたが、純粋な農家はほとんど無く、数少ない農家らしい造りの家でした。納屋の軒下には肥料(と思われる)ビニールの袋が積み上げられ、表戸を開けた納屋の薄暗がりには絶えず燕が出入りしているのです、、、。時季的にはもう少し後の句ですが、初燕を見て思い出したので書きました。(2002年春詠)

「つばくらや軒端まで積む肥袋」への1件のフィードバック

  1. 田圃の中の道を徒歩通勤だなんて、世の俳人が聞いたらうらやむ話ですね。この句の燕さんは、安心して巣作りが出来そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です