浦の字の続く地名や冬の旅

「室戸」その1 もう三年前になりますが、四国の阿南市に勤務していた頃に、思い立って一日休みを取り、一人で室戸岬まで吟行したことがあります。その時の十句を「室戸」としてまとめましたので、それを今日から連続して書こうと思います、、、。まずは旅の始まり、ホテルから会社とは反対方向へ走って室戸へ向かいます。太平洋沿いの国道55号線を走っていた時の句です。海辺の地方では当たり前でしょうが、山の中に住んでいる私にとっては、標識がある度に出てくる地名の「浦」の字さえもが珍しく、新鮮に感じられるのでした、、、。(2011年冬詠)

「浦の字の続く地名や冬の旅」への2件のフィードバック

  1. 文字が表す地形は分かり易いですね。
    大阪の茨木市に住んだ時の地名が水尾でした。
    すぐお隣は玉瀬、いずれも川の近く低い場所でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です