頬白の一筆啓上葉隠に

昨年の津山吟行での句です。頬白は歳時記によって秋に入れられたり春に入れられたり、中には春秋両方に入れられています。私は春のほうが合っていると思うのですが、なぜだろう?と常々疑問に思っていたところ、山本健吉の「ことばの歳時記」の「囀」の項に、その理由らしきことが書かれていました。長くなるので書きませんが、興味がある方は読んでみてください。山本健吉がいろいろな所に書いた文章をまとめた本です。ちなみに上記「囀」は(電信電話 昭和43年3月)と書かれています、、、。(2014年春詠)

「頬白の一筆啓上葉隠に」への2件のフィードバック

  1. 一筆啓上はほおじろでしたか。
    実際どの鳥がそう鳴くのか知りませんが話としては有名なので聞いていました。
    電信電話、懐かしい響きです。
    仕事で時々出入りしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です