一枚に水口二つ落し水

県北では、早い所ではお盆過ぎには田圃の水が落され、八月の終わりには稲刈がはじまる。今年も、台風15号が来る前ぐらいだったか、棚田百選の棚田で稲刈が始まったとTVのニュースで流していた。毎年この時期になると流れるニュースだが、ニュースの映像に登場されるのは毎年同じ方のような気がする。きっと「他所よりも早く」を一つの目標にされているのだろうと思う、、、。(2014年秋詠)

「一枚に水口二つ落し水」への4件のフィードバック

  1. 子供の頃には田植えやら稲刈りといった人手が要る時の手伝いはしたものの自分が栽培した経験は皆無だから水を落とす口が幾つ有ったかなんて全く考えた事も無かった。
    やはり二つ有ったのだろうか?
    両親が高齢化したいつの頃からか稲作は止めてしまった実家です。

    1. 私も子供の頃を除くとほとんど手伝ったことがありません。
      今更ながら申し訳なく思うのですが、ホントに今更です。
      水口は入るほうと出るほうと二つあるようです。

  2. 私は農業をしたことがないが、水口二つをよく見てみます。聞かないと分からないかも知れないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です