アンテナの向きはおんなじ小鳥来る

今はケーブルTVのほうが多いのかも知れません。我が家は今も屋根の上に古いアンテナを上げています。放送がアナログからデジタルに変わった時も、問題なく映ったのでそのままです。最近時々画像が乱れるのですが、きっとアンテナに小鳥でも止まっているのだろうと思うことにしています、、、。(2016年秋詠)

小さきが小さき羽音小鳥来る

好きな鳥の一つに柄長(エナガ)があります。集団でやって来ます。雀よりも小さい、黒と白のモノトーンの鳥です。歳時記では夏に分類されていますが、秋や冬にもやって来ます。むしろ秋や冬のほうが、葉を落した木々を移る姿に存在感があります。チッチチッチチッチといつ聞いても楽しそうに鳴き交わしながら木から木へ移って行きます。人懐っこいと言うほどではありませんが、比較的近くまで来て平気のようです。もちろん小さいぶんだけ羽音も小さい、、、。(2014年秋詠)

小鳥来る庭に大きな実のなる木

庭にある大きな実のなる木はクロガネモチ、手入れをしないものだから、大きくなって隣家の庭にまではみ出している。落葉はあるし、時々枯枝も落ちている。申し訳ないと思いつつ、ご好意に甘えている。先日珍しい声がするので見たらコゲラが二羽遊んでいた。コゲラが巣をかけてくれると楽しいが、コゲラが来るということは、もしかしたら木が弱っていて、虫が多いのかも知れない。となると、突然大きな枯枝が落ちてくるような事がないとも言えないなあ、、、。(2014年秋詠)