雨一夜水の形に花の屑

桜は毎朝散歩に行く土手の、舗装された道の両側に植えられています。ここへ引越してきたときには、まだ背丈にも満たない木でしたが、三十年近く経ち見事な桜並木になりました。多くはありませんが、毎年見に来られる方もあります。植えられたのは老人クラブの方々と聞いていますので、そのほとんどの方がすでに他界されたと思いますが、そのうち何人の方がこの立派に咲いた桜を見られたのでしょう、、、。近くに車を止めベビーカーを降ろす若い夫婦連れを見ながら、ふとそんなことを考えていました。(2010年春詠)

「雨一夜水の形に花の屑」への2件のフィードバック

  1. 子供の頃は同じ町内の先輩後輩が一緒にそれぞれお弁当を持って山にお花見に行く習慣が有りました。
    今でもお花見が好きな私は今年は3県5カ所でお花見をして来ました。
    植えられて30年も経てばさぞかしきれいな桜並木になった事でしょう。
    天国の諸先輩方も喜んでおられる事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です