春風を通す国宝あけ放ち

考えてみれば、いつも開け放ってある国宝なんて珍しいのではないだろうか。閑谷学校の講堂、磨かれた床が光を返し、春風が通り抜けて行く、、、。(2011年春詠)

「春風を通す国宝あけ放ち」への2件のフィードバック

  1. 閑谷は有名ながら場所柄も有って一度しか行った事が有りません。
    備前焼の瓦が載った屋根は立派ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です