石臼の飛石六つ秋時雨

大原美術館の本館と分館の間にある新渓園、美観地区側にある小さな門を入ったところに粉挽き用の石臼を使った飛石がある。門に合わせて小振りの石臼を六個並べてある。表面の磨り減ったふくみ(隙間)の線が雨に濡れている、、、。さて、いよいよ今夜(と言うか明日の朝)にはラグビーワールドカップ日本アメリカ戦がある。どうかもう一度良い夢を、とOLDファンは願うのみです。もう十分に見させてもらってはいるのですがね、、、。(2014年秋詠)

「石臼の飛石六つ秋時雨」への4件のフィードバック

  1. いよいよ対アメリカ戦ですか、南アフリカがアメリカと戦って64対0で勝ったとか、その南アフリカに勝った日本だから当然アメリカには勝てるはず、なんて甘くは無いんでしょう。
    勝つといいですね。

    南アフリカに勝ったおかげで、日本中ににわかラグビーファンが増えた様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です