朧月しだいに部屋を覗きこむ

今日が旧暦十五日、大きな朧月が見られると良いのですが。部屋の窓へ次第に顔を出す春の満月に、なんだか覗かれているように感じた時の句です。これに目鼻を描けば、そのまま童話の絵本のよう、、、。(2015年春詠)

「朧月しだいに部屋を覗きこむ」への2件のフィードバック

  1. 朧月が窓からのぞき込む、いわゆる擬人化という手法ですね。
    昨日は一日雨でしたが今日は晴れる予報、きっと満月が見られる事でしょう。
    我が家は軒が広いから覗きこまれる事は無さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です