生きるもの生きて稔りの秋となる

旱続きで弱った木が葉を落としている。これも生きる術で、まずは不要の葉を落として必要な水分量を減らすのだろう。落ちた葉は紅葉して落ちた葉と違い、パサパサに乾いている。触れればボロボロと崩れてしまう。そうして生き残ったものだけが稔りの秋を迎える、、、。(2015年秋詠)

「生きるもの生きて稔りの秋となる」への2件のフィードバック

  1. 我が家の猫額菜園のきゅうり、一昨日は青々と元気だったのに昨日はぐったりとなっていました。
    水はしっかりやっていたのに・・・・・(涙)
    稔の秋となりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です